【2020年提出】確定申告、医療費控除の対象になる費用まとめ

スポンサーリンク
医療費控除 税金


スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【2020年提出】確定申告、医療費控除の対象になる費用まとめ

1: 投資家774さん

【2020年提出】確定申告ガイド 第55回

【2020年提出】確定申告、医療費控除の対象になる費用まとめ

2020年02月24日 09時00分更新
文● ASCII

その年の1月1日から12月31日までの間に、自己または自己と生計を一にする配偶者やその他の親族のために医療費を支払った場合には、一定の金額の所得控除を受けることができます。これを医療費控除というわけですが、実際に医療費をまとめるにあたって、具体的に何が医療費として認められるのでしょうか?

治療のためは○! 予防のためは×!

病気やケガで病院に行ったときの診察代や薬代は対象です。行き帰りの交通費も対象になります。

基本的には、病気やケガの治療のためではない支出は、控除の対象ではないと覚えておくといいです。たとえば、予防接種は文字通り治療ではなく「予防」のためなので対象外になります。また、美容整形、一般的なメガネの購入費なども対象外です。

病院に行く暇がないため薬局で買った薬代は控除の対象です。ただし、疲労回復のためのドリンク剤やサプリメントは対象外になります。

しっかりチェックして確定申告に備えましょう。
===== 後略 =====
全文は下記URLで
https://ascii.jp/elem/000/004/003/4003860/

64: 投資家774さん
>>1
確定申告ってなに?
シュレッディンガーの猫関係ある?

 

2: 投資家774さん
ニュースなの?

 

4: 投資家774さん
来年はコロナで医療費控除受けれるね

 

5: 投資家774さん
確定申告の受付をしてるオレはコロナ感染危険度マックス!

 

6: 投資家774さん
コロナ蔓延で来年から医療費控除廃止ならニュースだな

 

7: 投資家774さん
医療費控除って馬鹿にしてたけど、去年肺炎で通院してたら11万円になってた
でも面倒くさいから申請なんかしないよ
計算しても戻ってくるの2000円だし

 

8: 投資家774さん
ずっとやり方間違えてて、ちょっと損してたよ
課税所得が少ない時は、総医療費から差し引く額が10万より少なくなるんだわ
医療費控除なんていつもするわけじゃないけど、所得が少なかった時も
10万引いて控除額出してたから、損した
今更しょうがないけど
税務署は間違えて税額多く計算した時は何も言わないけど、ちょっとっでも少ないと
すぐ修正申告しろって言ってくるからね

 

36: 投資家774さん
>>8
ちょっとなにいいたいのかわからない
無理やり病院通ってたってこと?

 

38: 投資家774さん
>>8
国税庁のWebページで自動計算してくれなかったっけ?

 

9: 投資家774さん
もうねマイナンバーも銀行口座も教えてるんだから全部天引きにしろよって思う

 

80: 投資家774さん
>>9
me too

 

11: 投資家774さん
歩行困難なら通院に使用したタクシー代は対象なの?
知らずに損したよ

 

12: 投資家774さん
交通費メモでもいいんでしょ
盛ってもバレないんかね

 

14: 投資家774さん
10万帰ってくるわけじゃなくて、所得から控除されるってことだよね?
1万ぐらい帰ってくるの?

 

15: 投資家774さん
まあ、10万円以上も医療費使ってないのなら、あまり関係ない話だな

 

16: 投資家774さん

今年から明細書添付不要。フォーマットに詳細記入して添付のみ。だけど5年間は明細保管すること。

とりあえず信用して還付するけど、あとで暇なとき見返して何か変だったら連絡するからその時は明細見せてね、のスタイル

 

18: 投資家774さん
>>16
去年から

 

74: 投資家774さん
>>16
俺は今回も明細書全部渡した
五年も保存とか面倒

 

17: 投資家774さん

生活を共にする家族は一緒に控除対象だから結構でかいよ。

うちはオレとオヤジで去年40万使った。10万控除されて残りの30万の2割戻ってくる予定

 

20: 投資家774さん
市販の風邪薬とか控除されるから領収書を取って置いたら
税理士さんに健康診断とかを受けてないと控除対象外だって言われた
今年は健康診断に行ってこよう

 

21: 投資家774さん
交通費ってバスや電車じゃ領収書無いぞ

 

23: 投資家774さん
確定申告会場でコロナが流行るな

 

24: 投資家774さん
年間10万以下だったら、来年の国保料値下げしろよ。

 

34: 投資家774さん

>>24
これ

逆だよな。今の制度だと年末に90000円のやつは年内に行かなくてもいい受信を前倒しする

 

26: 投資家774さん
厚労省からデーター貰って自動的に控除する様にしろよ、年金・社会保険費もな。

 

28: 投資家774さん
ずっと税理士経由だから確定申告会場に行った経験ゼロなのがちょっとだけさみしい

 

29: 投資家774さん
普通にe-taxだろ。わざわざ税務署にいく必要性はない

 

30: 投資家774さん
e-taxは前準備がめんどくさいから、web上で書類だけ作って印刷して投函してるわ。

 

32: 投資家774さん
交通費も対象だったのか。

 

35: 投資家774さん
処方箋薬代の中にハゲ治療薬のリアップ代を紛れ込ませて合計金額を申告してるけど
バレたことがない

 

45: 投資家774さん
>>35
お前がハゲなのはみんなにバレてるから安心しろ

 

41: 投資家774さん
去年、今年とやってるけど結構大きい。所得税の還付だけじゃなく住民税や児童手当などの所得制限にも影響ある

 

44: 投資家774さん
家族全員分の医療費をチマチマ集計して
8万9万だった時の徒労感

 

49: 投資家774さん
>>44
なんか笑える
ご苦労

 

50: 投資家774さん
>>44
昨年それだった

 

46: 投資家774さん
確定申告は大変に合理的にできている

 

52: 投資家774さん
コロナ予防のためのマスクとか消毒液購入費も対象だよな当然。
インバウンドのために対策犠牲にして被害被ってるんだから。

 

53: 投資家774さん
>>52
予防のための費用は非対象です

 

54: 投資家774さん

12万円医療費を支払い、所得税率が20%の場合、
2万円x20%=4000円

20万円医療費を支払い、所得税率が20%の場合、
10万円x20%=20000円

12万円医療費を支払い、所得税率が40%の場合、
2万円x40%=8000円

20万円医療費を支払い、所得税率が40%の場合、
10万円x40%=40000円

結論:医療費控除は所得控除だから所得税率が高いほど還付率が高い。
つまり、同じ金額の医療費を払っても給料の高いやつほど還付を多くもらえる。

 

55: 投資家774さん
インフル重篤で救急搬送、個室なら入院可の条件だった。
個室代差額は対象外?

 

56: 投資家774さん
総額10万行っていないから意味無いわ
歯科と耳鼻科受診したけど4万程度の薬代込みの支払い
市販薬、2万程度が対象
合わせても多くて7万程度
健康な者にとって
入院等無ければ行かない設定

 

61: 投資家774さん

子どもの歯科の矯正で80万取られてるから
所得税33%、住民税10%還付はでかい

30万くらい戻ってくる

 

68: 投資家774さん
>>61
住民税は還付されないよ。

 

72: 投資家774さん
>>68
課税所得が減るから
次年度分が減る
知らんのか?

 

73: 投資家774さん
>>72
それ、還付じゃないじゃん。

 

75: 投資家774さん
>>72
還付の意味知らないの?

 

77: 投資家774さん
>>72
還付ではないだろ?

 

69: 投資家774さん
年間48万かかっても、返ってくる金は2.5万程度だったわ(´・ω・`)

 

70: 投資家774さん
もう申告しちゃったし、領収書は保存しているから国税さんが来たら確認してもらうわ。
病院にかかって、これはダメこれはOK言われたって、こっちからしたら全部医療費だわ。

引用元: http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1582503815/

タイトルとURLをコピーしました